FC2ブログ

めぐカフェに寄せられたご感想を紹介します!

本日はお客様からご感想を2つ頂きましたのでご紹介します。


「大根ととり肉と白菜のトロトロスープ
  本当にトロトロですごく味が深くて美味しいです。
  柚と大根の葉がトッピングされているのも嬉しいです。
  柚って、合うんですね。新鮮な驚きでした。

 人参のポタージュ
  塩が入ることによってより人参の甘さが引き出されていて、
  こちらのスープも美味しいです。
  こんな美味しい人参が手に入るなら、フレッシュな人参ジュースとか
  メニューにあると嬉しいです。(野菜不足が解消されそうです…。

 2月の新しいスープを楽しみにしています。」

ありがとうございます。
めぐカフェのスープはたっぷりの野菜を使っているので日頃の野菜不足を補える
最高の一品になると思います!
2月も新たなスープを用意してお客様をお待ちしています。


「今日はスープを飲もうと思ったのですが、残念なことに両方売り切れでした。
 なのでパンだけ食べました。おいしかったです。
 大変でしょうが月、水だけでなく他の日にもやってほしいです。」

ありがとうございます。
有難いことに最近はスープが売り切れる日も多く、
もっと量を増やすことを検討しています。
営業日ももっと拡大できるよう努力しますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コミュニティ カフェサミット

1月30日(日)に「コミュニティ カフェサミット」が行われます!
横浜コミュニティビジネス応援事務局が主催のイベントで、
カフェを運営している人々が集まり、コミュニティカフェを続けるコツを話し合います。

めぐカフェコディネーターの丸橋克美も参加します。
めぐカフェを応援したい方、カフェ運営に興味のある方、
地域の居場所作りを模索している方、
ぜひお越し下さい♪ 参加費は無料です。


以下、横浜コミュニティビジネス応援サイトのブログより引用

クリエイティブサロンNo.4 「コミュニティカフェ サミット」参加者募集(1月30日)
Posted by 横浜CB応援事務局 on 1月 7th, 2011

カフェを営む事業者の皆さんが集まり、それぞれのノウハウや工夫を持ち寄って
「コミュニティカフェを続けるコツ」をテーマに話し合います。
コミュニティカフェを理解し、続けていくためのヒントを探ってみましょう!
 ●日 時 平成23年1月30日(日)14:00~16:30
 ●会 場 「似て非ワークス」
      横浜市中区若葉町3-47-1  TEL 045-334-7446
      京急線「黄金町」駅下車 
      http://www.nitehi.jp 
 ●参加費 無料
 ●当日のプログラム
  14:00 開会・挨拶
  14:10 プレゼンテーションリレー
      各ゲストの活動を映像でご紹介します。
  14:40 カフェ事業者による円卓会議(コミュニティカフェ サミット)
      カフェを続けていくための工夫やノウハウなどについて意見交換します。
  16:00 参加者との意見交換
  16:30 終了
 ●事例紹介ゲスト
  1「港南台タウンカフェ」
   (株式会社イータウン 代表取締役 斉藤保氏)
  2「ふらっとステーション・ドリーム」
   (NPO法人ふらっとステーション・ドリーム 理事長 泉一弘氏)
  3「コミュニティカフェ マローンおばさんの部屋」
   (NPO法人五つのパン 代表 岩永敏朗氏)
  4「似て非ワークス」
    (似て非ワークス株式会社 代表取締役 稲吉稔氏)
  5「カフェ アスタ」
   (NPO法人アスタ荏田 副理事長 舩橋真佐美氏)
  6「コミュニティカフェ あんさんぶる」
    (地域ビズ左近山 代表 中村和彦氏)
  7「フォーラム南太田 めぐカフェ」
    (めぐカフェ コーディネーター 丸橋克美氏)
  8「カフェギャラリー&窯 ばおばぶ」(堀越信代氏)
  9「さくら茶屋にししば」(代表 岡本溢子氏)
 ●主催
横浜コミュニティビジネス応援事務局(特定非営利活動法人アクションポート横浜)
※当事業は、特定非営利活動法人アクションポート横浜が、横浜市経済観光局より
委託され実施しております。
 ●申し込み先
  横浜コミュニティビジネス応援事務局 http://yokohama-cb.com/top   
231-0062横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンター5階
       市民活動共同オフィス内アクションポート横浜
   TEL:050-3346-9293 FAX:045-662-4395 
   mail:info-cb@yokohama-cb.com

『緑の劇場』三好豊さんにインタビュー!

昨年に広報チームが『緑の劇場』の三好豊さんにインタビューを行いました。
『緑の劇場』はめぐカフェに野菜を提供して下さる団体です。

P1060219.jpg

インタビューを始めたら三好さんは地産地消について、神奈川の農業について、
私たちに熱く語ってくれました。

「地産地消は物の売り買いじゃなくて、人と人とが心でつながり交流することが大切だと思うわけね。
自分は農家じゃないけど、農家の方たちが育てたこんなにおいしい野菜があるんだよってことを地域に広げている。これも地産地消。『緑の劇場』は1人でやっていて、周りの人たちが応援してくれているんだ」

さらに三好さんは狭い地域ではなく、もっと大きな範囲で地産地消を考えるべきだと言いました。
「神奈川県はとても気候風土に恵まれている。1年中神奈川の農作物や水産物で食料をまかなえる
希少な土地なんだ。でも、天然記念物のトキや白神山地を守るように
神奈川の農業を守ろうとする人はいない。だからここに住んでる我々が守らないとね。
地産地消を通して日本の農業全体に興味を持ってほしい」

神奈川がそんなに素晴らしい土地であるとは思わなかったので、聞いている私たちはとても驚いた。
そして最後にもう1つ、意外なことを言われました。
「我々がどういう物を選ぶかが大切。
たとえば、人のつながりがあれば地球の反対側の農作物を売り買いしてもいいと思うんだよ」

三好さんのお話は驚きの連続でした。また今回のお話を聞いて、自分の問題として考える事が一番大切だという事も言われました。
『地産地消』は自分の住んでいる地域で作られた野菜を食べる事だと思っていたので、
人のつながりや交流が大切だという話は意外でもあり、新しい発見でもありました。

『地産地消』と言うのは新鮮な野菜を安く買うことではなく、
地元の農作物を通した人と人とのコミュニケーションなのかもしれない。

ちなみに『緑の劇場』という名前は、三好さんが元々俳優だった事に由来するそうです。
この事が私達にとっては一番の驚きでした。
三好豊さん、お忙しい中ありがとうございました!

めぐカフェのスープ

アンケートより抜粋

「大根ととり肉のスープがおいしかった。
ゆずも効いていて、体が温まった。
冬らしいスープでGoodでした。」


お忙しい中アンケートにご協力いただきありがとうございます。
めぐカフェのスープの材料は旬のものを用いています。
市販の大量生産品は効率重視なので、畑や野菜にかなり
負担がかかり、味や栄養価がちょっと残念なことになって
しまいます。
野菜本来の味を知っていただくにはめぐカフェのスープをおためしください。

(みよ)

本日100円スープ販売します!

本日のフォーラム南太田やさい市 11時~14:時頃に変更になりました。
スープ販売は、予定通り12時~15時の予定です。

さきほど、少し晴れ間が見えましたが、曇りの寒空です。

やさい市のみなさんと一緒になって、
めぐカフェスタッフもがんばって、100円スープ販売します!!

木村静さんの「今週の野菜」

めぐカフェCMづくりを指導してくれた木村静さんが
わたしたちのスープ材料である地モノやさいたちと
その市民流通に尽力している方々を紹介する番組を配信しています。
最近流行のインターネットテレビ?Ustreamでライブ中継も行ったのち、
録画配信もされています。
ご紹介が大変遅くなりました。

以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YOKOHAMAポートサイドステーション
横浜市民放送局チャネルより転載


火曜日, 1月 11th, 2011 | Posted by KIMURA
【録画配信中】
「地元の生産者を、美味しい野菜を大切に今年も!」

今週のやさい2011/1/11

「今週のやさい」1/11新年最初の放送です。
よこはま里山研究所NORAが入居している南区・宿町の大和ビル中庭では、
毎週火曜17時~20時に野菜市が行われています。
(フォーラム南太田から歩いて7分ぐらいです)

今、神奈川で収穫されている野菜の紹介をしながら、
NORAの三好豊さんにお話を聞いています。

今週のやさい 2011/1/11


今年のやさいについて聞いてみました。

「各地で大雪の中、関東はお天気に恵まれた正月でよかった、
と生産者と明るい年明けを喜んでいます。
今年はTPPが本格的に始まるだろう。
農産物は気候に左右される、日本は数メートル移動しても土壌が変わる、
古くからそこで農業を営んできた生産者だからこそ、美味しい野菜をつくることができる。
そんな生産者を大事に、おいしい野菜を大事に、野菜市を続けていきます」

と三好さんは話していました。

神奈川の野菜と農業をクローズアップする「今週のやさい」、今年は行動範囲を広げます。
この野菜市会場からは、隔週の放送となりますが、生産者の畑に行ったり、
ほかの会場の野菜市に出向いたり、
この野菜を使ったスープが好評のめぐカフェ(フォーラム南太田で月・水の週2回オープン)に行ったりして、随時情報を伝えていきます。

「今週のやさいブログ」ももうすぐスタートします。

というわけで>、次回の大和ビルからの中継は1月25日(火)18時半頃~です。お楽しみに♪

協力 NPO法人よこはま里山研究所NORA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

めぐカフェスタッフ、ボランティアのみなさま

木村さんが、この放送の助っ人ガールを募集しているそうですよー。

明日は、やさい市!めぐカフェも出店しま~す。

毎月恒例の、フォーラム南太田地ものやさい市
今月は、明日1/21(金)正午~15時ごろまで。
場所:フォーラム南太田 エントランス


地ものやさい市の様子

今回もめぐカフェは、やさいスープを出店しますよ。
めぐカフェのやさいスープは、地ものやさい市で、販売されるおいし~いやさいを使って、
いるんですよ~。
みなさん、ぜひいらっしゃってくださいね。

ワンカップ大関ならぬ、ワンカップスープ100円です!!

今日は大寒、寒い日が続きますが、めぐカフェやさいスープで、ほっこり温まってくださいね。

前回の様子は、このブログでもお伝えしていますよ。
→「宣伝して歩く日
→「やさい市でスープ販売

めぐカフェご愛用のお客様からお寄せいただいたアンケート内容

・前回のかぼちゃも美味しかったですが、
今回のブロッコリーのポタージュも
いい味ですね。
今日はお昼として食べたので、
パンを追加で注文しました。

・前回キノコスープが美味しかったので
又来ました。
今度はポタージュにしてみました。

・パンもとてもおいしく
スープ(私はポタージュ)をいただきました。
さっぱりとした中にこくがあり
とても飲みやすいスープでおいしかったです。

めぐカフェをご愛用のお客様からお寄せいただいたアンケート内容

・とても優しい味でおいしかったです。
食べた後は、体が芯からポカポカ、手足もポカポカしてきました。
野菜パワーすごいですね。その日仕入れで入った野菜に合わせて、
レシピを考えているそうですが、それもすごいです。私にはとうていできません。
おいしいスープをごちそうさまでした。

・あまり時間がない中で、ちょっとよってみました。
ほとんど待つことなく、出てきてうれしいです。
心も体もあったまりました。
おいしかったです。
今度はもう一種類のスープもいただきたいです。

・明るくゆったりした空間で、とても清潔感はただよっている厨房はよかったです。
野菜スープはとにかくおいしかったです。栄養たっぷりで幸せな気分いっぱいです。
スタッフ達の言葉づかいもとても丁寧で気持ちの余裕はあるように見えてすべて
よかったです。

めぐカフェご愛用のお客様からお寄せいただいたアンケート内容

めぐカフェをご愛用くださるお客さまにご協力いただいているアンケートにお寄せいただく温かいお言葉や
貴重なご助言が大変励みになっております。

・「営業日を増やして欲しい。」
お客様のご意見で圧倒的な「営業日を増やして欲しい。」にカフェスタッフ一同は“必要とされているよろこび”をかみしめ、ご要望の実現にむけて努力すべく決意を新たにしております。

・「スープが美味しい。」
めぐカフェのスープ材料は効率より味や栄養を重視し、手間ひまを惜しまず育てた野菜なので味が濃く、レシピを監修するのは料理のプロだからです。

・「かぼちゃのスープは子どものお気に入り」
めぐカフェはあっさり風味の野菜スープとまろやかなポタージュの二本立てです。今後もアンケートにお答えいただいたお客様のお子様に喜んでいただけるようなまろやかなポタージュを提供していきたいと思っております。
プロフィール

cafegirls

Author:cafegirls
【OPEN】火・水・木・金曜
    11:30~16:00
.
場所はこちら
ランチタイム営業は14時まで。14時からはおやつ類とドリンクのみのティータイム★テイクアウトOK。

つぶやき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる