FC2ブログ

仕事をするということ

先日の写真講師・橋本浩美さんが講習の最後に話されたことが印象的だったので書いておきます。

「しごとは段取りが90パーセント、当日は10パーセント。
下調べして、イメージを積み上げて、必要な備品をそろえて、スタッフを確認して
必要なら現地調査して、写真の仕事ならあかりの具合や小道具を考えて
リスクにも備えて・・・いきます
当日はもう用意したことを実行するだけ」


これは多くの仕事に共通するものではないかと思います。
目的を達成するまでのプロセスを作っていくのがしごとだということ。
大変なこともあるけど、楽しいことも多いです。
自分なりのくふうやアイデアが生きてきます。


もうひとつ、印象的だったことを書いてみます。

毎回ガールズ講座で一こまお願いしているメイク講座は
ボディショップの社会貢献チームの社員のみなさんにお願いしています。
ベテランのトレーナーも来てくださっています。
トレーナーはもちろんメイクも上手ですが、何より接客のプロです。
いつもチームで到着するとボランティアの若いスタッフを集めて
まず朝礼が始まります。
「はい、今日のセッティングは・・・時間は・・・注意事項は・・・
そしてkozoさん、今日のお客様(受講生のことです)はどんな方たちですか」と確認されます。
講座の趣旨は伝えてあります。
でも、もっと具体的に対象者の状況についてきかれます。
どんなお客さんに、どんなサービスを提供するのか、
そのためには相手を知らないとならないからです。

また、前回講習後に日ごろの店舗でのお仕事についてうかがいました。
「お店に入ってきたお客様に新人のスタッフは“何をお探しですか”と聞きます。
そうするとお客さんは帰ってしまうんですよ。
リラクゼーション商品を売っているので、何を買いたいかはっきりしているお客様はあまりいないのです。
そうではなくて、“ここで安心してゆったりとあなたの時間を過ごしてください”という対応をするのがプロなのです。それはことばではなくて。全体の空気です。
そうすると“ゆったりできてよかったわ。また来るわ”と喜んでいただけるのです。
まあ、そういう雰囲気を作るのが私たちのしごとなんですよ」


ちょっと感動しました。
空気をつくるしごと。
めぐカフェもそんなふうになれたらいいですね。
おいしいスープとともにね。

(kozo)
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

準備

私も、このお話とても印象に残りました。
写真を撮るコツももちろん沢山教えてもらいましたけど
仕事に対する姿勢、好きなことへの愛情など参考になることが
沢山あったなぁと思いました。
ボディショップの講座もそうでしたけど、その道のプロの話を聞くというのは、いろいろなことを吸収できる良い機会ですね。

いいお話ですね

う~ん、勉強になりました。

たしかに 「ことば」では、
っていうか、あたまの中の「知識」みたいなことでは、

事前のだんどりが肝心
とか
真剣にとりくむ
とか
わかったようなつもりでいるけど、

さあ、自分はどうだろ??
(いいかげんだな・・・)
と、反省しました。
プロフィール

cafegirls

Author:cafegirls
【OPEN】火・水・木・金曜
    11:30~16:00
.
場所はこちら
ランチタイム営業は14時まで。14時からはおやつ類とドリンクのみのティータイム★テイクアウトOK。

つぶやき
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる